もう一度出会うための10年

ひみつのアッコちゃんを観た。公開当初から気になってはいたけど、結局観ることないままここまで来て、そこで昨日、ようやく、観た。

あーーーーーーーーーッ!!!!やっぱり岡田将生は美しいなあ!!!!どの角度から見ても美しいって卑怯だと思う。前から見ても横から見ても美しいし、後ろから見ても立ち姿が美しい。美しい、という言葉で辞書を引いたら、意味のところに「岡田将生を見よ」って書いてあるんじゃないかと思う。それくらい最初から最後まで美しかった………。

話の内容としては10歳の女の子(綾瀬はるか)が魔法のコンパクトの力で20歳になって岡田将生の勤める化粧品会社で働く、みたいな話なんだけど、20歳の綾瀬はるかが、外見は20歳だけど中身は10歳っていうのを見事に演じきってて、すげーなと思った。
確かに10歳には20歳の理屈とか常識は通じないし、10歳が良かれと思ったことは、20歳には余計なお世話である、みたいなことあるよね…。逆も然り。
それでも大人にはない視点をアッコちゃんは持ってて(それが良いか悪いかは別として)、その視点のおかげで誰かの世界は救われて…ってほんとは映画みたいになにもかも綺麗に終わるわけがないし、爆弾あんなちゃっちいものでいいのかよと思うし、あんな小規模な爆発で良かったのか?とも思ったけど、まあそこは映画だからね…。

あと何が良かったってラストの、ほんとうの22歳になったアッコちゃんが就活生としてもう一度尚人(岡田将生)の前に現れるシーン。尚人を見つけたアッコちゃんが「早稲田大学算数学部」って言って、それを聞いた尚人が驚いた後に笑顔になるの、「きみにもう一度出会うための10年だった」って感じで最高でした…。その後が欲しい。付き合ってもいいし、付き合わなくてもいいけど、2人で幸せになってほしい…。
でもまあそこで、尚人が好きになったアッコちゃんと、もう一度尚人の前に現れたアッコちゃんは同じ人だけど別人であるっていう問題?が発生するけど…。あの時の尚人が一緒にいたいって思ったアッコちゃんはもうどこにもいなくて、目の前にいるひとは間違いなくアッコちゃんだし、声も、笑い方も、喋り方も全部アッコちゃんなんだけど、尚人が恋したアッコちゃんにはもう二度と会えないんだよな。それが何より酷い話です。

映画 ひみつのアッコちゃん(本編1枚 特典DISC1枚) [DVD]

映画 ひみつのアッコちゃん(本編1枚 特典DISC1枚) [DVD]